zarafiantsのblog

2013年12月

12/8 500人キャパの津田ホールに響き渡った堂々たるピアノ五重奏の余韻がまだ冷めやらぬ中・・・
 ザラフィアンツは、昨日成田を離れ、クロアチアに戻りました。ザグレブへの直行便はないので、アドリア海に面した自宅、ロブランに戻るためには、結構な時間が必要。成田~ミュンヘン(コースは幾つかあるが)~ザグレブ(夕方到着のため、ホテル泊)~翌日バスでロブラン着。約2日間かけて自宅着。そろそろ帰宅では・・・
ザラフィアンツさん、お疲れ様でした。

今秋の様々なスタイルの演奏、それぞれ、大変印象的でした。
ベートーヴェン・シューマン・ブラームス・ロシア歌曲、民謡の伴奏に至る全てにザラフィアンツの真剣勝負の姿勢がビンビン伝わり、更なる感動の波が広がったのではないでしょうか。

「ザラフィアンツ先生はまさに、ベートーヴェンの化身と言える」と評する方が増え始めて来たことは、嬉しい限り。
実際、ベートーヴェンに向かうザラフィアンツの表情・姿勢は、曖昧さを許さぬ厳格さと、深い情愛に満ちた美しさに溢れ、聴く者に敬虔な感動を呼び覚ませてくれます。

ブラームスも然り。ザラフィアンツの自信に満ちた大スケールの室内楽の醍醐味を堪能させられたひと時。
弦のメンバーも、呷られるように一段と乗っていたのが印象的。

シューマンの新盤「幻想曲」を聴かれた某教授からのコメント
 「格調高く、重厚な響きに思わず我を忘れて聴き入りました」

コジマ録音も「必聴の最高傑作の新盤」・・タワーレコード・山野楽器などでザラフィアンツコーナー開設。
 宣伝活動に力を入れ始めて下さってます。皆様覗いて見て下さい。

ザラフィアンツの演奏を聴いて「幸せな気持ちになる」人々が増えていくことを願いつつ。

♪♪♪ お気軽に、どんなことでもコメント下さい ♪♪♪

あっと言う間に12月に突入。
ザラフィアンツの情報を心待ちして下さってる方々に申し訳なく思いつつ・・・やっと新規再開です。

12/8チェコ・ゾリスデンとの室内楽、今秋公演の最後を飾るブラームス・ピアノ五重奏を是非お聴きください。
リハーサルでのザラフィアンツの凄さを目の当たりにして、取り急ぎのお知らせです。
いつものことながら、ブラームスもザラフィアンツワールド全開で、完全にピアノがリーダーシップ取り放題・・
弦の皆さん、時差ボケの最中にも拘わらず、乗り乗りでとても楽しまれていた様子でした。
ヴァイオリンとの二重奏曲、スメタナ「我が故郷」より第2番もビルトオーゾ発揮の大変豪華な曲。

この日は、久しぶりに来日のポゴレリッチリサイタルが重なったり・・世の中諸行事だらけです。

周りに一声かけて下さると嬉しいです。

★ホットニュース
 コジマ録音の働きかけで12/7発売の新盤「シューマン」に合わせザラフィアンツのCDコーナー実現。

山野楽器 銀座店・府中店 タワーレコード 新宿・渋谷・大阪梅田・札幌で12/7から。
今後も全国規模に交渉を進めるとのこと。
コジマ録音のスタッフから「こんなに素晴らしいザラさんのCDを眠らせておくのはもったいない」とのコメント。

本物に光を当てられる世の中であることを願っていますが・・・。

★今秋の様々な演奏会の報告・感想などは、次回まとめて。

★実にマニアックな生き方・信念を持つザラフィアンツのエピソードを少しづつ公開して行くのをお楽しみに。

このページのトップヘ