zarafiantsのblog

ザラフィアンツの滞在期間中、公演を埋める手配がいつものことながら大変な作業ですが、(フリータイムが多すぎるとビザ申請に問題が出てくることも)今回もやっとフアンの方達のおかげで申請にこぎつけホット一息。

スケジュールのコーナーにチラシも完成した順に掲載していますので御覧下さい。
念のためこのブログで、補足説明を少々。
1 10/11 ピアノリサイタル 東京・五反田音楽ホール午後6時開演
2 10/19 ピアノリサイタル 小平・大成サロン(未定)大成先生は楽しみに企画下さったのですが、体調不良で困難の可能性もあり。8月下旬に決められます。
私たちは大成先生の御回復を切に祈るばかりです。
3 11/8 ピアノリサイタル 福山市・スガナミ楽器ホール 午後6;30開演
  11/9~11/10マスタークラス予定
4 11/11~11/12 京都(矢島宅)でマスタークラス
5 11/24 ピアノリサイタル 小山市立障害学習センター
   11/24~11/25公開レッスン 泊美紗子ピアノ研究所主催
6 12/2 室内楽 チェコ弦楽三重奏団 五反田音楽ホール午後6;45開演
7 12/6 府中市・第33回けやきコンサートにゲスト出演 
   トランペット&ソプラノ&ピアノの異色でロマンチックな世界を。
   トランペットのトカレフさん(ロシア人・15年前から日本に住み日本語も達者で
   とても楽しい方です。

★今回はザラフィアンツに取って。同プログラムで3~4回リサイタルがあること大変喜んでいます。本番の回数が多いほど円熟みが増してくるのが素晴らしいのです。
超有名人が年間約100回も弾くと嫌が応でも完璧になるでしょうね。

ザラ先生にもせめてい一公演に10回は演奏させてあげたいですが・・

やっと梅雨明け宣言が出たものの。まだスカッとした夏本番はこれからですね。

ザラフィアンツの住むクロアチアのアドリア海では、今まさに夏本番・・・
蒸し暑く湿気の多い日本の気候と違い、朝晩の空気の爽やかさは最高、又日中のぎらぎらした太陽の中でも、木陰に入ると肌もさらり~アドリア海の涼しげな風に吹かれストレスもいっぺんに吹き飛びそうですね。

約一か月前、日本から御二人のファンが初めてザラ先生のところを訪れ感動的な旅をなさった由、風光明媚でベストシーズンのアドリア海の模様が心をこめて綴られているブログを御覧になると魅力が倍増するでしょう。濁りのない深~いコバルトブル~
の海・・・chaconokimochi.cocolog-nifty.com

さてザラ先生は、このお客様と10日ばかり楽しい息抜きをしたあと、さ~~
秋公演の集中練習に入りました。
彼の家から車で5分下りるとレジャー客で賑あうロブランのビーチ、ザラ先生も今の海でたっぷり遊びたいところでしょうが、猛練習が待っています。
ご本人は早朝に浜に出てちょこっと泳ぐだけで、そのあとはピアノに向かうのみ、

又約3時間にも及ぶプログラム作りに集中、ソロ・室内楽と全て初演奏の曲達を
この2ヶ月で仕上げる作業は並みでは出来ませんね。
皆様是非今から予定を入れてコンサートに足を運んでください。

詳しくは次回に。

ザラフィアンツ来日し、まずは4/20王子ホールの練習に張り切っています。

今回のプログラムの組み合わせも又素晴らしいです。
ベートーヴェンソナタ第8番「悲愴」・第30番は新登場。どれもザラフィアンツならではの叙情性を乞うご期待。
ショパン 幻想ポロネーズ・ソナタ第3番も大変ゴージャスで数年前に披露していますが、ザラフィアンツ節が
どのように進化しているか・・お楽しみに。ソナタ第3番はCDの演奏から確実に変化していますよ。

一方、4/30門下生によるコンサートのためのレッスンも始まっています。
多くの人達にお聴かせしたいほど内容の濃いレッスンです。
今日のレッスンで印象的だったのは、バッハ「イタリアン協奏曲」全楽章
機械的にかっちり弾く事が課題だと思ったら大間違いでした。バッハでこそ音楽的な歌い方・生きたリズム感などをしっかり学ぶ必要があるようです。生き生きと、美しく、面白く・・日本のピアノ教育に欠けている課題でしょうか。

ザラフィアンツ先生のレッスンを多くの方に体験して頂きたい。
お気軽に連絡下さい。

このページのトップヘ