zarafiantsのblog

クロアチア~日本を往来し続けるようになってから17年もの歳月が経過。
確実に「巨匠」の域に入ってきているザラフィアンツの~珠玉の名盤~も今や22枚。
ナクソス盤の3枚以外、19枚は日本のレーベル「ALMコジマ録音」出盤による。
パンフレットに目を通すと、改めてザラフィアンツにとっての蔵書とも言える音楽魂の詰まったディスクが確認できる。どの一枚をとっても、ザラフィアンツ流にその高い知性と教養とユニークな想像力で考え抜かれたカップリングと、精魂こめてレコーディングされた演奏は本当に素晴らしいと今更ながらに思う。
最新のシューマンなど最高潮ではあるが(ご本人は、前々から「今回は一番良くできて満足」と常に言ってた気がします・・)要するに、いつでも真剣勝負であると言うことでしょう。

最近は誰のCDも聴く余裕などなかった中、今日は突然スクリアービンのソナタ3番が聴きたくなりザラフィアンツのデビュー盤をかけてみた。
せっかくなので、スクリアービンだけでなく最初から順に全て聴くはめになってしまった。バッハ;パルティータ1番 ラフマニノフ;コレルリ変奏曲 ・リラの花
スクリアービン;ソナタ3番  モシュコフスキー;ワルツブリランテ

文句なしに「ブラボ~」  最高のリサイタルプログラムなのです。もしかしたら今日の私の気分と一致したのかもしれないが・・・人生においてタイミングが左右することは
多々あるものです。
この長くゆったりしたザラフィアンツ独特のバッハがとても楽しく聴けたこと。
より明らかになったこと・・・皆さん、無心になって幸せな気分でザラフィアンツの「音」
を楽しんでみて下さい。
音階の個々の音色の性質が明瞭にわかる演奏には滅多に出会えませんよ。
メヌエット・ジーグをセットにしてアンコール???邪道でしょうか。受けそうですが。
リラの花・ブリランテワルツもセットにして聴いて見て下さい。
高貴に毅然と光輝くワルツ、宇宙の空間を感じさせる清楚な色気と強靭な意志力。リラの花も最高。
言葉では言い尽くせません。御自分の感性でお聴きください。

この「処女作」は当時は今ほど評論家に評価されなかったのが大変不思議・・・
本物がストレートに評価される感性の教育が必要では。



突然一足飛びに10月過ぎのような気温が続き過ぎ、、ちょっぴりさみしい気分になります。クロアチアも日本以上に涼しく雨も多く、あまり発散出来ない夏だったそうです。
さて、10/11のリサイタルがどんどん近づき主催者側は、準備に焦っています。
皆様、とにかく出来る限り融通をつけてザラ音楽を聴いて下さい。

いつも本番前になるとホールと主催者との打ち合わせがあります。
当日のタイムスケジュールの件で、ザラフィアンツのそれぞれの演奏時間もホールに伝えなければならないのですが・・・ザラフィアンツの演奏時間は一般よりかなり遅いテンポが特徴なので、今回の曲目も一見短い予定を書いてしまうととんでもない進行になってしまうことも度々。

要するにザラ音楽の特徴は「叙情性に重きを置いたスタイルなので、とにかく
一音、一音の粒が大きいので、自ずとダイナミックレンジの幅がシンフォニーのような広がりを見せる。
又粒立ちが大きいと、響き・音色が実に解り易くとても心地よい演奏が聴ける。若い人、スピード感に重きをおく人達の演奏はエキサイトする楽しさはあっても、強弱
ばかりが目立ち、色彩感覚が弱くなる傾向は否めません。
とは言っても、人それぞれの好みの問題ですから、良し悪しを決めつけることはできませんが・・・・ザラフィアンツの音を頻繁に聴いて頂き、慣れ親しんで頂きたいものと思います。

初めてステージに乗せるショパン「スケルツオ}3曲続けるとどう言う雰意気になるのか・・・楽しみです。
是非皆様の周りにお声掛けお願い致します。




今年の夏はかつてないほどの異常な猛暑の上に、台風も各地で猛威を奮い、多くの被害者の方々にお見舞い申し上げます。
夏もあっと言う間に後半を迎えましたが、ことのほか湿気の多い残暑の毎日にうんざりですね。
今年の異常気象は、地球規模で信じられないことが起こってるようです。
ヨーロッパの気温の低さにびっくり。パリのリゾート地でも連日15度~20度とか、・・・
ザラフィアンツ情報でもしかり。最高シーズンの筈のアドリア海でも涼しすぎて、お気に入りの海水浴も気分が乗らないそう。リゾート客の賑わいも今一だそうです。

お陰でザラ先生にとっては、部屋に籠ってさぞ練習に熱が入っていることと。
彼の性格上、エンジンがかかり始めたら、とことん集中力を発揮。音楽の掘り下げ方が半端ではない完璧主義者。このところ毎回来日公演にソロのみでなく、同時に室内楽公演もあるので、そのリハーサル光景に立ち会う度に胸がすく思いをしています。
とにかく、一回きりのリハーサルでザラフィアンツのピアノが完璧にリーダーシップを取っているので、弦の方達はとても楽しくリラックスした雰意気であっと言う間に終わってしまうことが多い。欲を言えば、せめて2~3回リハが可能であれば・・・
更に凄いアンサンブルになるはずと。そこまで追求した室内楽をそのうち実現させてほしいものです。

★★この初夏のホットなニュース★★
   
   10日ばかりザラ先生の住むクロアチアに初旅なさった御二人のフアンの方、
   ザラ先生の精神誠意のサポートで素晴らしい思い出の旅が実現した由。
   その旅行記のアルバムを是非ご覧ください

              http://chaconokimochi.cocolog-nifty.com/
         

このページのトップヘ